ちーさんの語り。

できるだけ更新していきます!

塵も積もれば山となる

日が変わった。

明日は○○して、○○行って…

 

「あれ、これ昨日と同じだな…」

 

次の日の行動予定を考えながら

ふと思ったことがある

 

あまり変わることのない話もかもしれないが

ルーティンになっているのである。

 

ルーティンといえば

日本代表のラグビーの試合で

五郎丸が独特なポーズをとることを思い出す。

 

なんだか、こうしたら集中力が高められ

より得点率が上がる、というらしい

 

このような日常に繰り返し行うことで何か結果に繋がるようなことはよくある話だ。

 

むしろ、私が行動予定を立てながら

ルーティンだと考えている行動は

矛盾をうまない

 

○時になったからあれしよう

○時になったからこれしよう

 

この繰り返しである

 

これはどんな活動においても

適応されると私は考えている

 

アルバイトで塾講師を行なってるが

先月からホームワークで「ルーティン表」を

導入した。

 

月曜日は…

火曜日は…

 

このように日割りで課題を出すことで

勉強することをルーティン化するのである

 

そしてそれが結果に変わったときは

とても嬉しい。ともに喜ぶ

 

それが自信に繋がり

よりルーティンをこなすようになる

 

そしてそれがまた結果に変わる。

 

この連鎖はとても素晴らしいもの

だと私は考える

 

すなわち

「塵も積もれば山となる」

 

チリのような小さなものでも、

こつこつと積み重ねていけば、

山のようになるということ。

 

素晴らしいことわざですね。

 

結果を得るためには

その結果を得るために必要な過程を算出して

その過程をそつなくこなしたから結果はついてくる。

 

その過程をこなすための努力を惜しまないことはすごく大切だと思います。

 

日常に行う細かなことも手を抜いたらダメですよ、みなさん

 

わかりましたか。

 

それでは、また

 

良い明日が来ますように。。。